生きながらフリッカーに葬られ

Buried Alive In The Bogus


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スーパー!』 ~描かれなかった「シュガーラッシュ」の最適解

  1. 2013/05/13(月) 23:27:46|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
20130330022833.jpg

思い切って口に出してしまえば、きっと気まずい空気になる。
かと云って、胸にしまいこんでしまえば、胸の中にもやもやが残ってしまう。

そんな葛藤に悩んだことがありませんか?

ここ二ヶ月ほど、わたしの胸の中には吐き出すに吐き出せないもやもやが居座っていました。
べつに誰に遠慮をしてネットをしているわけでもない、云いたいことがあるならはっきり書いてしまえばいい。
……のですが、なんとなく書くことをためらわれる。
ぶっちゃけていうと、周りでひたすらに絶賛モードだったこの作品、シュガーラッシュ。
そのラストへの違和感をわたしはずっとことばにできずにいたのです。
べつに、「このラストってないよね、おれは違和感ある」と云って、周りと意見の相違ができることはよかったんです。

ですが、それを口に出すことって、なんか「わたしは性格が悪いです」とプラカードぶら下げるようなもんじゃないですか?
大ディズニーのファミリー向けアニメ作品。メジャー中のメジャーですよ。
ハッピーエンドになるのは当たり前じゃないですか。
その重箱の隅をほじくって、あれこれ注文をつけるのは、これは大きなお友達としてのリテラシーに反している
んじゃないかと、そんなことを思ってしまったわけなんです。

いや、大好きなんですよ、シュガーラッシュ。
ヴァネロペちゃんはかわいかったし、ラストでほんの少し涙ぐみもしました。
でも……でも……うまくことばにできないんだけれど、このラストは違うと思うんだ。
どうことばで伝えればいいだろう?

念ずれば通ず。
シュガーラッシュの公開二ヶ月後、偶然手にしたDVDの中に、その最良の答えはありました。

110413_super_main.jpg

『スーパー!』です。
この作品を観て、まるで胸の中の冷たく固い氷のかたまりが溶けるように、わたしはこだわりから解放されたのです。
やっと適切なことばを得たわたしは、いま確信をもってここに宣言させていただきます。

やっぱりシュガーラッシュは間違っている。スーパー!こそが正しい、と。

スーパー!ですが、表面的なストーリーはキック・アスに似ています。
冴えない中年男、フランクはダイナーのコック。これといった特技もなく、人生で誇れるものは二つだけ。
ひとつは愛する妻をわがものとしたこと。
もうひとつはすれ違った泥棒が逃げた方向を、警官に指し示したこと。
他には、なんにもなし。フランクの人生でその二つだけが誇りであり、生き甲斐だったのです。
ところがある日訪れた、セクシーでワイルドな雰囲気を讃えた女衒(ケビン・ベーコンが好演してます)が妻を
奪っていってしまう。もはや抜け殻となったフランクは、人生でただ一度、立ち上がる決心をします。
その手には、お手製のコミックヒーローの衣装が握られていました――。

このフランク、たとえばバナナですべってゴミ箱に頭から突っこむとか、通り過ぎた女の子にくすくす笑われるとか
そういう具体的な「冴えない」エピソードはこれといって描写されないんですよね。必要ないんです。
フランク役のレイン・ウィルソンの冴えない顔芸だけで充分なんですよ。
もう無表情でカメラを向いて黙っているだけで、「ああ、この男は、ダメだ」と納得できるオーラ。
いちばんつらいのは、そのダメさが中年男のぶよぶよした肉体を通じて表現されるところ。
みんな大好きキックアスが、決して「痛く」なかったのは、キックアスを演じたアーロン・ジョンソンくんが
なんだかんだいっても若者だったからです。トライアルエラーも、羽目を外すことも許された。
それをレンチを片手に持った四十過ぎのおっさんがやると、とりかえしのつかない感、ハンパないです。
レンチを片手に、麻薬の売人をがんがんぶん殴って、「悪いことすんな!」とか捨て台詞残して去っていくんですよ。
おなじ四十代として、観ていてこころの痛みがハンパなかったです。

キックアスがクロエ・グレース・モレッツ演じるヒットガール(大好き!)の登場とともにあらぬ方向へと転がり出す
ように、スーパーもエレン・ペイジ演じるリビーという少女が、フランクに共感して手助けするところから加速して
いきます。
果たして、フランクは女たらしの女衒の手から、妻を奪い返せるのでしょうか……。

というのが『スーパー!』のおおまかなあらすじです。
正直、この当たりはどうでもいいんです。大事なのは物語の九割九分が終わったあと、エンディングに至るまでの
わずか五分のあいだ。
そのなんとも云えない、切なさに発狂しそうになるようなもの悲しいラストの余韻……。
泣いたよ。震えたよ。そして悟ったよ。

スーパー!にあって、シュガーラッシュにないもの。
フランクがそれを行い、ラルフがついにそれを行うことがなかったこと。
ラルフはね。ハッピーエンドに至るまでに、なにも代償を払っていないんです。

シュガーラッシュはディズニーの王道である、居場所を見つけられないはぐれ者が、ついに居場所を見つけ出す
お話です。そしてその居場所は、なんということはない、自分が最初に居た場所にあったのだ、というのも王道。
大男であるラルフと、プログラムのバグであるヴァネロペ、はぐれ者である両者が、互いに手をたずさえ、それぞれ
の場所でそれぞれの居場所を見いだす、というちょっと複雑なプロットになっているのが味噌でしょうか。

で、このラルフさんなんですけれど、セルジオ・レオーネのマカロニウェスタンの主人公ばりにセルフィッシュな行動原理で動いていくんですよね。大男ゆえ、悪役ゆえの疎外感には同情の余地があります。
ですが疎外感を感じたからといって招待されていないパーティーにむりやりおしかけて、家具をぶちこわしたりしても
わるびれず、「ヒーローのメダルをとってくればいいんだろう!」と身勝手な目的意識だけで暴走しちゃうところなんか
日本人としてとても共感するわけにはいきません。

シュガーラッシュの世界でヴァネロペと出会い、彼女と「はぐれ者同士の友情」を育むのかと思えば、ラルフさんは
ひたすら彼女が奪ったヒーローのメダルの返還を要求し謝罪と賠償を求めます。
このあたりもなんだかなぁ、だし、メダルをぶんどって自分の世界に帰ったあとで、自分の遁走のせいで破綻した
フィックス・イット・フェリックスの世界を悼むどころか、身勝手なヴァネロペへの罪悪感に苛まれるのもなんだか。

なんか、やることなすことラルフさんってこっちの感覚とずれているんですよ。
世の中って、たとえばヤンキーの若い夫婦が、子供を十人抱えて生活に苦労してます、みたいな環境を
尊ぶ風潮ってあるじゃないですか。わたしはそういうの全然共感できないんですよね。
自業自得だろうとか思っちゃう。
でラルフさんの行いにも、なんかビッグでダディな匂いを感じてしまうんですよねぇ。

まぁ、その当たりはいいや。いろいろあって、ラルフさんも居場所を見つけました。
それはかつて自分を悪役として忌み嫌い、避けていた住人たちなんですよね。
彼らが、なんとなく自分を受け入れてくれて、自分は他のゲームからはじかれたキャラクターを招き入れて、
なんとなく自分の居場所を作ってしまう。
これって違うくないですか?
なんとなく感動的なんでごまかされてしまいますが、一連の冒険のどこでラルフさんはリスクを払ったんですか?

フィックス・イット・フェリックスのモデルは、あからさまにドンキーコングですよね。
だとすれば稼働して三十年くらいにはなるんでしょうか。
三十年慣れ親しんだ自分の世界をあとにして、ヒーローのメダル求めて飛び出したラルフさんの、どこに葛藤が?
彼は居場所を得た変わりに、どんな代償を払ったんですか?
おれには、このハッピーエンドが、論理的には思えないんです。いきあたりばったりなラルフさんの行動の、
なんとなくの結果としか思えず、それにしてはできすぎている。

『シュガーラッシュ』に納得いかなかった人。もしいるのなら。
ぜひ、『スーパー!』のラストを観てみてください。
この身を切られるようなフランクの選択が。そして「にもかかわらず」フランクの顔にこぼれる微笑が。
ひょっとしたらあなたが『シュガーラッシュ』で本当に観たかったものかもしれません。

たとえば、こんな答えはどうでしょうか。
「ターボしかけた」代償として、ラルフはフィックス・イット・フェリックスの住人から心底忌み嫌われてしまう。
前のように、いや前よりもずっと住人たちとの距離は遠ざかり、声をかけてくれる人すらいない。
事情を知っているフィックスも、なんとなく住人たちの空気に同調してしまい、距離を置いてしまう。
それでもラルフは幸せだ。
ビルの屋上から叩き落とされるその一瞬、ヴァネロペの幸せそうな姿が見えるから。
自分は悪役だ。
好かれてはいない。
それでも誰かのためのいちどだけのヒーローとして。
彼はたしかに、一瞬だけ、そこにいたのだ。輝いて……。


ちなみに『シュガーラッシュ』と『スーパー』、奇妙な因縁があります。
シュガーラッシュの本国での声(我々は聞く機会がありませんでしたが)はジョン・C・ライリーでしたが
レイン・ウィルソンが受ける以前、フランクの役はなんと彼にオファーが行っていたそうです。
ちょっと匙加減が違えば、ジョン・C・ライリーはラルフであり、フランクでもあったかもしれない。
そんなお話でした。


スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。