• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

生きながらフリッカーに葬られ

Buried Alive In The Bogus


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相対化される女たち ~『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』をめぐって

  1. 2013/08/18(日) 14:32:49|
  2. サブカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
111.jpg

こんなコピペをご存じだろうか?

・反戦してる連中を鼻で笑う
・自称笑いに関してはうるさい
・やたらクリエイター系の友達(コネクション)を作りたがる
・旅行は東南アジアやインドに行きたがる。 聞いてもいないのに冒険話を語りだす。ツアーを否定してる。
・自称アナログ主義者(カメラ、AV機器、時計等)
・写真に興味があり、写真に一々うるさい
・フジロック、サマソニ、ロックインジャパン、等のフェスにとりあえず行ってたりする

 映画監督:塚本晋也、北野武、森田芳光、岩井俊二、SABU、 石井克人、石井聰亙、青山真治、黒澤清、
      ヴェンダース、 キューブリック、フェリーニ、デビッドリンチ他短編、単館、マイナー映画
 音楽  :YUKI、CHARA、林檎、FPM、小島麻由美、テイトウワ、ブランキー、 ギターウルフ、
      ラブサイケデリコ、ハイロウズ、ゆらゆら帝国、UA、 スカパラ、くるり、フィッシュマンズ、
      エゴラッピン、ナンバーガール、 スーパーカー、ハイスタ、イースタンユース、コーネリアス、
      フリッパーズギター、 ミッシェルガンエレファント、175R、ブラフマン、SOBAT、
      他自称コア系バンドとやら
 ファッション:ヘッドポーター、N(N)、U、BAPE、HECTIC、バランス、 ビームス、ハリウッドランチマーケット
 漫画  :松本太陽、井上三太、大友克洋、安野モヨコ、岡崎京子、高野文子
 ドラマ :濱マイク、探偵物語、TRICK、ケイゾク、踊る大捜査線
 本   :Emily the Strange
 人物  :浅野、永瀬、窪塚、柴崎コウ、土屋アンナ、よっぴー、今宿、 中谷美紀、古田新太、竹中直人、
      ヒロミックス、はな、
 雑誌  :STUDIO VOICE 、relax、Snoozer、cut、Hとかのロキノン系雑誌
 家具家電:イームズのチェア(椅子と言わない)、ミッドセンチュリーモノ、 アテハカ、BOSE
 バイク :トラッカー系(TW、FTR等)、SR、ベスパ、ビッグスクータ、ズーマー
 自転車 :プジョー、他BMXや小径車


わたしが初めてこのコピペを見たのは、ゼロ年代の終わり頃だった。まだ2010年にはなっていなかったと思う。
一見して、そのディテールの量に圧倒されて、その「意味」はストレートに伝わってこなかった。
このコピペは一種の「ライフスタイルの指針」であり、「このコピペの通りの趣味を持てばイケてるよ、と親切に教えてくれるもの」かと思っていたくらいだ。
どうやらこれが「サブカル」と呼ばれる人々を揶揄するために作られたものだと気づいたのはしばらく後だ。
揶揄としては弱いな、と思った。たとえばわたしみたいにこのコピペを「イケてるわたし作りの指南書」だと
受け取る人間は少数派でも、この膨大なディテールの蓄積からひとつの人物像をこころの中に結べて、
それを嘲笑へと結びつけることが可能な人もまた少数派だろう。
揶揄としては弱い、という直感の通り、さまざまなネガティブなdisがまかり通るネット流行語の世界で、
このコピペはあっという間に埋もれていった。

渋谷直角さんの話題の本、『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」を読んだ
とき、真っ先に思い浮かんだのは先のコピペのことだった。あのコピペが一画面に収まらないほどの情報量に
溢れている意味も、やっとわかった。

表題作、「カフェで~」のストーリーをちょっと書き出してみる。

主人公、カーミィは「渋谷系」直系らしいバンドのボーカルで、プロを目指す女の子。
プロと書いたが、彼女が目標とするところは詳細に決定されている。CDデビューのあとはユニクロのCM曲をやり、
中田ヤスタカと小西さんにプロデュースしてもらって、アパレルブランドも立ち上げて、TVブロスで連載を持ち
最終的には「カーミィという職業」に至りたいというのが彼女の野望だ。
彼女は野心は「有名になる」ことだ。「そのためなら手段も選ばない」。
彼女にはラーメン屋でバイトをしている彼氏がいるが、野望のためにあっさり捨ててしまう。
曲を作って貰うためにバンドのメンバーに抱かれ、タイトルにあるJ-POPのボサノヴァカバーのCDに参加するため
に、イケメンのインディーレーベル社長に小便をかけられることさえ厭わない。
彼女の野望は思わぬ顛末を辿り……というのがおおまかなストーリー。

シンプルな絵柄だが、背景やちょっとした小物といったディテールが異様に細かいのがこのマンガの特徴だ。
例えばボサノヴァカバーのCDを出すために、インディーレーベル社長にカーミィが抱かれるホテルの名前が
「HOTEL ポンヌフ」だったりするのは乾いた笑いを呼ぶ。
その他にも、カーミィのCDラック(にしているカラーケース?)に並んでいるのが、CHARA、UA、レベッカ、
BONNIE PINKだったりするのも「うわー」という感じで辛い。とどめは物語のラスト、行きつくところまで行きついた
カーミィはクロックスのサンダルを履いているのだ。

ここには、わたしがゼロ年代に出会ったあのコピペのように、「ディテールの莫大な積み重ねによって人を揶揄」
しようという明快な意志がある。おそらくは、そのような「ディテールの莫大の積み重ね」によって自らの人生を
隔離した人々が実際にいて、そのような人々を揶揄するには、先のコピペや渋谷直角さんの作品のように、
同じくディテールの積み重ねによって対抗するしかないのだろう。無数の手業がとびかうカンフー映画の攻防
を想起させられる。

それにしても手間が掛かっている。ディテールを積み上げながらストーリーを紡ぐのはかなりの労力が必要だった
はずだ。
そしてその労力の有無こそが、現実から目を背ける男と女への嘲笑の顕在化に至るまでの時間差を生んだ。


はじめてオタクということばが世に出るのは、漫画ブリッコ1983年6月号、中森明夫さんの激烈なエッセイ
「オタクの研究」によってだ。
その第一の特徴は、揶揄すべき対象が世に出てから、攻撃に至るまでのスパンの短さだ。
1983年といえば、ヤマト世代が生まれてからでさえまだ10年も経っていない。
この「オタクの研究」はオタクということばを生みだしたのみならず、オタクというものの記号化をその嚆矢で
なしとげた。コミュニケーション下手、「イトーヨーカドーや西武でママに買ってきてもらった980円均一、
1980円均一のスラックスを小粋に着こなし」、ショルダーバッグ、ガリ、白豚、おどおどした態度。
いまに至るまでに通用する「オタク」というものの記号化をその初っ端でなしとげた中森明夫氏の手腕には
驚かざるを得ない。それはともかく――。

1983年の「オタクの研究」は、未来を予言するようなこんなことばで締めくくられている。

  でもさぁ、結局世の中誰でも最後は結婚するんだよね。で『おたく』
は誰と結婚するのかなぁってずっと不思議だったんだけど、おそろしい
事実に気づいたね。なんとこれが、『おたく』は『おたくおんな』と結
婚して『おたくこども』を生むのであった。ジャンジャン。


ここに「おたくおんな」ということばが出てくる。「喪女」も「腐女子」も、そんなことばなんてありゃしない、
オタク文化の黎明期にだ。だが、恐らくは中森明夫さんの頭の中にも、「おたくおんな」の具体像は浮かんで
いなかったのではないかという気がする。微細を極めた「おたく男」のカリカチュアライズに極めて、具体的な
言及はほとんどない。

オタク男の記号は、広く人口に膾炙するほどに広まった。その中で、女の子たちは相対化の裁きからは逃れられた。
彼女たちは記号化されて嘲笑されることもなく、固く守られたシェルターの壁の中で安寧の日々を過ごした。
――かどうかは、女ではない筆者には知るべくもない。

とあれ、冒頭に挙げたコピペがぼんやりとした攻撃にしかならなかったくらい、現実逃避する女子については
長らくお目こぼしの状態がつづいていたのだが。が。

こと、去年から今年にかけて、立て続けに文化系女子に対して、揶揄、相対化の攻撃がつづいているのはどうした
ことだろう。だがその対象は中森明夫さんが存在を予知した「おたくおんな」ではなく。
「サブカルクソ野郎」(カフェで~帯裏の惹句より)だった。

eriko.gif
mika.gif

すでにみなさまおなじみであろうこの二人が、三十年、誰も踏み入れられなかった領域、すなわち
女性のネガティブな記号化をなしとげつつある気がする。
トゥギャッチにおける小野ほりでぃさんの連載には歴史的意義があると思う。
それまでにもたとえば安野モヨ子や内田春菊といった漫画家が、揶揄的な女性の記号化を行ってはいた。
だがそれはエリコちゃんとミカ先輩ほどには強烈なネガティブな輝きを放っていなかったように思う。

日本人であれば誰でも「オタク」と聞けば、「ああ……」と半笑いで馬鹿にしたようなうなずくだろう。
同じように「エリコちゃんとミカ先輩みたいな女」という一般化された記号が、これから女性を追い詰めて
いくのかもしれない。

それは男オタクが三十年、十字架として抱えていたものを女性にも背負ってもらうということだ。
眉をひそめる世間の目、揶揄とからかいと嘲笑。

これは時代の流れという気がする。正直、いまの時代の流れは誰にもやさしくない。
女性だからと相対化のお目こぼしを受けられる日々は、もう終わったということだろうか。
互いに互いを指さし、嘲笑うことが唯一の楽しみであるような虚しい日々。
そんな虚無しか未来にはないのだろうか。
そんなことはないと思う。冒頭のコピペに始まって、ここまで挙げてきたものには描かれなかったある要素がある。
それは、誰がなんといおうとどう評価しようとわたしはこれが好きという強い意志

カーミィは、結局のところ歌うことが好きではなかったのだ。
「ダウンタウン以外の芸人を基本認めていないお笑いマニアの楽園」の栗田くんも
「空の写真とバンプオブチキンの歌詞ばかりアップするブロガー」のケンちゃんも
自己表現の手段を持ちつつ、それはあくまで手段で、他人の目線なんて気にならないほどに好き、なものでは
なかった。

そこに唯一救いをもたらすのが「口の上手い売れっ子ライター/編集者に仕事も女もぜんぶ持ってかれる漫画」
の主人公だ。
彼の最後の選択、それこそが、この末法の世に残された唯一の希望だと思う。
大事なのは自分が好きなものをとことん愛すること。「幼いころ、あの映写室を愛したように」
成功というのはその先にひょっとしたらあるかもしれないが、おぼろげなものでしかない。
好きな物に触れて、好きな物とともに時間を過ごせた、そう感じられることだけが救いなのではないか。
よくやったってことの褒美は、よくやったってことだけなのだ。

関連記事
スポンサーサイト

<<マン・オブ・スティール ~重力と寂しさ | BLOG TOP | パラノーマン ~搾取に失敗したエクスプロイテーション映画>>

comment

  1. 2013/10/01(火) 16:26:46 |
  2. URL |
  3. [ 編集 ]
ネタの膨大な積み重ねで何かを言おうとするという手法はまさにフリッパーズギターのヘッド博士の世界塔。
あのふたり、どんだけの人間をこじらせてしまったのでしょう。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。