• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

生きながらフリッカーに葬られ

Buried Alive In The Bogus


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストスタンド

  1. 2013/04/30(火) 18:25:57|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
35d4fddb.jpg

シュワルツネッガーの新作主演映画が、スクリーンに登場です。
こうやって書いてみて、改めて凄ぇなぁと思う。
今年は1982年じゃないんですよ。84年でもない。93年でもない。
世紀末をなにごともなく通り過ぎ、21世紀になって十年以上経ってから、シュワルツネッガーの主演映画が拝める。
これって凄いことなんじゃないかなぁ。
ちなみにさっき挙げた三つの年号は、ともに「コナン・ザ・グレート」、「ターミネーター」、「T2」の上映年です。
お互い、長い、長い年月を過ごしてきましたね。彼も、観客も……。

折しもスクリーンにはこの時期、ジャッキー・チェンの最後の大作主演映画、『ライジング・ドラゴン』も上映中です。
80年代を沸かせた三大スーパーヒーローのうちの二人(残りの一人はもちろんスタローン)の主演映画が、同時に
スクリーンで拝めるなんて、これちょっとまともに考えればこれが最後のチャンスだと思うんですよ。

いまはあんまり新作映画を観る気持ちの余裕もねぇ、なんておっしゃるお父さん、かつてあの時代を汗臭いボンクラと
して共に過ごした同志。いまはもう立場が違ってしまった(こちとら家族も金ないただの映画きちがいだ)けれど、
そんなお父さんと映画館でいっしょにこの映画を観られたなら、おれはとっても素敵なことだなぁ、なんて思いますね。

かつてロス市警で伝説的な麻薬捜査官として知られたレイ・オーウェンズ。
寄る年波には勝てず、いまでは一線を退き、国境に近い田舎町ソマートンで保安官として静かに暮らしている。
折しもヴェガスでは、FBIの手に寄って、麻薬王ガブリエル・コルテスが移送されようとしていた。
まったく関係のないニューメキシコの田舎町と麻薬王は、思いがけない手段によるコルテスの脱走と、
彼の乗ったモンスターマシーン、シボレー・コルベットZR1により、時速400キロのスピードで急速に接近していく。
コルテスの部下による襲撃を受けたオーウェンズは、コルテスの逃走目的地が自分のいるソマートンであることを
知り、最後の砦――ラスト・スタンドとして、その前に立ち塞がる。
だが彼の味方は三人の頼りない副保安官と武器マニア、そして一人の囚人だけだった――。

というあらすじを書いて、主演はシュワルツネッガーですってことを伝えて……
本ブログ、本投稿の目的は以上で終了です。
いや、そんなもん、このあらすじを聞いて、それで主演がシュワちゃんだって聞いて、燃えないような人とは
本質的に話が合わないです。人間として相容れないものを感じます。ありがとう。わたしはこちらの道を行く。
きみはきみの道を行け。それはそれで小気味よい。さらば、良き旅を!ってなもんではないですか。

だんだんなにを書いているのかわからなくなってきましたが、大丈夫です。
要は、この映画はその大前提としてですね、ものすごくわかりやすい「この映画はこういう映画ですよー」
「狙いとしているのはこのあたりで、お客さんを喜ばせたいツボはこのあたりですよー」と、
大書きされた看板をぶら下げているようなものなのです。
あとはスタッフが余計なことさえしなければ、本作の成功は約束されていました。
そしてこのスタッフは……余計なことをしなかったのですよ!(拍手)

監督はキム・ジウン。
良く存じ上げない方でして……と書こうとして、フィルモグラフィを調べたら、この人の作品、一本だけわたし、
観ていました。箪笥、という2003年のホラー映画で、さして怖かった記憶もなく、なんとなくダリオ・アルジェント
っぽい、色彩配置に気を使ったホラーだなぁ、くらいの印象しかありません。代表作とされる
「甘い人生」、「悪魔を見た」
このあたりは未見です。

おそらくは細かいカット割りを主体とする、それこそジェイソン・ボーン以降のアクションムービーでメシを食ってきた
人なのだなぁ、ということは見ればわかります。流血の量はあからさまに80年代とは違いますし、赤い霧のような
流血の飛び散り方も、なんとなくジョニー・トーっぽくて現代リファインされています。
ですが、そのストーリーの運び具合。とくにFBIのあまりのマンガじみた無能さと、シュワちゃんの部下
が麻薬王の部下に突然の襲撃を受けるところの凄まじい既視感。「ああ、おれ、遠いむかしにこんな映画の
こんな展開を100万回見たな」という既視感。
それは問答無用で80年代のあの日々に、わたしたちを連れ去ってくれます。
この末法の世に、まったくありえない奇蹟が起きたのです。
福島第一原発も、東日本大震災も、9・11も、下手をすればチェルノブイリという名前すら知らなかったあの頃。
無邪気な世界を信じていたあの頃に、この映画は連れて行ってくれます。
あの頃と変わらないはずのコーラの味が、ほんのりとほろ苦いのは気のせいでしょうか。

あいにくと、このブログ主はアクション映画オンチです。
四十五年生きてきて、ブルース・リーの凄さに去年気づきました。それくらいオンチです。
だからこの映画のアクションを、ことこまかに解説することはできません。だからひとつだけ。

悪党とともに、屋上から落ちたレイ・オーウェンズ保安官が、苦しそうに顔を歪めます。
80年代のシュワルツネッガーだったら、こんな時に眉一本動かさなかったはずです。でもいまは違う。
悪党から殴られたことでなく、屋上から落ちた、その痛みで顔を歪めている。
まったく人間的な、あまりにも人間的な苦痛です。
あるいは予告編で有名になったあのシーンですよ。ダイナーにドアをぶち破って転がり込んで、ふうと息を吐いて。
「歳かな……」。80年代のシュワルネッガーだったら、想像できないシーンでありセリフですよ。

ではレイ・オーウェンズはヒーローではないのか。彼のようなロートルは、ヒーローを名乗る資格はないのか。
馬鹿なことを云ってはいけない。
なぜなら、なぜこの保安官がこれほどまでに歳を取り、疲れているのか、我々は知っているからだ。
若い頃は蛮人コナンとして暴れ回り未来から来た機械の刺客として人を殺し、
髪の毛をオールバックにして潜入捜査に踏切り、テレビの殺人ショーで逃げ回り
あるいはクレムリンから来た共産主義の法の執行者となり、火星でデブになり、
あるいは二度、三度と、機械に支配された未来から飛んできて……

とにかく大変だったんだよ!
レイ・オーウェンズが田舎町でリタイアを決めるまでの大変さを、俺たちは全員知ってるんだよ!
だから彼が老骨にムチを打って、走り、殴り、飛び、銃を撃つとき。
俺たちは泣くんだよ。
もう彼の物語のいちばん良いところは終わっているのに。栄光の若き日は二度と帰ってこないのに……。
それでも、まだヒーローだからという理由だけで戦う、レイ・オーウェンズに泣くんだよ。

劇場に行こう。後悔する前に。
彼の頬の皺を、喉の皮膚の醜いたるみを、讃えよう。
それはおれたちが同じように過ごしてきた日々の、勲章なんだ。

ラスト・スタンド。これはダーティーハリーに間に合わなかった俺たちのためのグラントリノだ
関連記事
スポンサーサイト

<<高地戦  戦争という寓話 | BLOG TOP | 『コズモポリス』 映画における殻としての車>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。