• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

生きながらフリッカーに葬られ

Buried Alive In The Bogus


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5つ数えれば君の夢

  1. 2014/12/16(火) 23:20:10|
  2. 邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
tumblr_inline_nf2e5gS00M1qkl2xp.jpg

東京女子流の少女たちがはしゃいでみせる、楽しいエンドロールで、本作はその本質が「アイドル映画」であることを
てらいもなく晒してみせる。

じゃあ「アイドル映画」とはなんぞや、ということになればこれは制作者と観客がある共犯関係を結ぶことになる映画、だ。
わざわざ云ってみせるのも恥ずかしいが、その犯罪とはもちろん窃視であり、本来は自然に属する「少女」を枷にはめ、
その枷からいまにも突き破って出そうな少女の「素」の存在を匂うことに歓びを感じる残酷ショーだ。

なんだっていいけれど、たとえば大林宣彦版「時をかける少女」を思い出してみよう。
弓を構える原田知世に、ぐーっとカメラが近づく瞬間、そのカットのわずかな冗長さ、そこに籠もった熱に、我々は
制作者からの「どや、この娘、ええやろ?」という目配せを受け取るわけだ。そして「ええです。監督、ええですわ」と
こころの中でうなずきつつ、表面はただの無害な映画観客を装って、なにくわぬ顔で劇場をあとにする。
アイドル映画ってのはそんな完全犯罪を積み重ねて、ここまできたわけですね。

ところが、この「5つ数えれば君の夢」は、あまりにもその犯罪の手管がずさんなんですわ。たぶん、意図的に。
手品の用語に、サッカートリックというものがありまして。
まぁ、これは手品の最中に不器用なフリをして、わざと失敗するんですね、で、観客をぎょっとさせて、最終的には
成功させる。はらはらしたぶん、最後に綺麗に決まったときの観客は倍増する、というそういう仕組みです。
この映画はアバンタイトルすべてをサッカートリックに使っているという、なんというか奇特な映画です。

冒頭、教室に少女たちがいる。それぞれ別々に会話を交わしながら、どうもみんな画面のこちら側を気にしている。
で、画面が切り替わると、新井ひとみ演じる主人公のひとり、サクという少女が、教室のうしろの棚の上に寝そべってる。
いまどき、奔放な少女を表現するのに、教室のうしろの棚の上に寝そべる、なんてありますか!?
昭和が終わって二十六年も経ってるのに!?
で、サクはクラスメイトが話題にしているミスコンテストのことなんてどうでもいいやとばかりに教室を飛び出す。
で、廊下に出てスキップを始めるんですが。
このスキップが死ぬほどぎこちない。
これもまた、サクの自由奔放さを表現しているのかもしれない。でも結果として画面に映っているのは、演技しろと
云われて要領を得ないまま、とりあえずスキップしてみた新井ひとみ本人の不器用さです。
もう、映画の枠組みの域を超えて、いつ東京女子流の彼女らの「素」が飛び出してくるかわからないスリリングさです。
そして主役の女の子たちそれぞれを画面に据えた、いまどき滅多にみないダサいスプリットスクリーン。
あまつさえ、画面に出たタイトルに合わせて、彼女たちがタイトルコールしてくれます。
「こんにちは、東京女子流です! わたしたち、いま映画に出てます! これから演技します! よろしくね!」
そんなメッセージが伝わってきて清々しいですが、こっちはかけらも物語世界に没入できません。

はからずも、この拙い導入で、こちらはアイドル映画の犯罪性について、しみじみと実感せざるを得なくなり、死ぬほど
居心地が悪くなります。
女子校の文化祭を舞台にした映画といえば中原俊『櫻の園』(1990)が思い浮かびますが、あの作品は本作とは
対照的に、じんのひろあきの脚本に少女たちをがっちり縛りつけた、作り物のまさに箱庭的世界でした。
その作為性ゆえに、われわれ男性は窃視的犯罪性を意識することなく、少女たちの世界に浸れたのです。
ですが「5つ数えれば君の夢」は、絶えず「少女を演じている少女」の存在を意識させつづけます。
となれば、こちらもアストラル界を浮遊する霊体などではなく、四十過ぎたおっさんとしての自分を意識せざるを得ません。
現実で、四十過ぎたおっさんがサムネにあげた小西彩乃の顔がアップで見えるくらい近づいたら逮捕されてしまいます
ので、居心地の悪さは耐えることがありません。

ところが、です。
カットの数が激減し、カメラがどっしりと腰を落ち着け、山戸結希という監督が恐ろしく長いブレスを隠し持った監督である
ことに気づくころには、「演技をしているように見えない」少女たちの拙い演技が、違った意味合いを持って見えるように
なります。

文化祭の前夜から当日を頂点として、(物語上の)少女たちの関係は煮詰まります。
さくの、都の、委員長の、苦痛と情熱が、彼女らの口を通して語られます。
正直、脚本の出来は不自然です。わたしが後半で思い出したのは黒沢清「ドレミファ娘の血は騒ぐ」の洞口依子の
長ゼリフで、まぁいまどきの女子高生の口から「にんぴにん」なんてことばが出てくることはないでしょうから、
彼女たちは完全にセリフを云わされているだけ、です。

ところがそのセリフが、その文面の意図することとはまったくべつに、こころに響くんですね。
朗読、というものが文章の受肉であるように。
哲学的な(監督は哲学科出身らしいです)穿ったセリフが、ことばの意味とはまったく違うところで生々しさを持ってしまって
いる。生きた少女の、生きた声帯を通した、艶めかしい、湿度をもったことばに聞こえるのですよ。

新井ひとみがクライマックスで爆発的に踊るダンス。
まぁ、ナポレオン・ダイナマイト的と云いましょうか、日本だと市川順の「BU・SU」なんてありましたが、まぁ青春映画の
クライマックスではありふれたものと云っていい。
でも直前の、セリフ棒読みなんだけれど魂の籠もった(語義矛盾だなぁ)朗読のあとだと、それがひどく感動的に見えて
しまうんですよ。

あるいは、中江友梨の演じる委員長の、ある告白。これもまぁ、告白の内容は、うん、わかる、というものです。
フェミニズム的視点のある悲痛な逆転、というのが描かれて印象的ではありますが。
ただこれも、聞いてる側は「委員長」の吐露なのか、中江友梨の吐露なのかわかんなくなるんですね。
そのスリリングさ、生々しさ、危うさ、というのが本作の魅力ではないでしょうか。
その意味ではこの映画は「アイドル映画」の王道だと思います。

最後に。
この作品でいちばん印象的だったのは、女子校の少女たちの百合的恋愛感情、ではなくてですね。
彼女たちの視点から描かれる、男たちの、それこそ犯罪的なまでの鈍感さですね。
愚鈍で粗野な男、というのは映画で山ほど描かれてきたわけですが、この映画の男たちは違うんですよ。
知的で、相手をきづかう能力もあり、なんなら魅力的と云ってもいい。
ただ、どいつもこいつも凄まじく鈍感なんですよ。目の前にいる女の子がそもそもなにを悩み、彼らになにを求めて
いるのか、かけらも理解していない。
他人の目を通して自分の姿を見る、というのは映画における最大の歓びだと思っています。
そんな意味ではこの映画はロスト・イン・トランスレーション級の「他人から見た俺」映画だったと思います。

致命的なまでに鈍感な男たちに、救いを求めざるを得ない女性という存在に同情を示しつつ、本稿を終わります。

関連記事
スポンサーサイト

<<次の戦争を生き延びるために | BLOG TOP | ゴーン・ガールの感想を失恋自殺したTくんの霊に語ってもらった>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。