• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

生きながらフリッカーに葬られ

Buried Alive In The Bogus


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「わたし」のための物語(後編) オブリビオンの巻。

  1. 2013/06/13(木) 01:27:07|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
8931b687.jpg

いつものことですが、この項は映画「オブリビオン」のネタバレを含みます。
映画をまだ見ていない方はご注意くださいね。





二月の「横道世之介」ショックのあと、なんとなくもやもやした気分で、それでも劇場に通っていたのですが。
「オブリビオン」を観て、ようやく胸のつかえがとれたような気がします。

この映画、どこに焦点をあてて観るかで、まるっきり感想が違ってくる気がしますね。

もともとわたしはSFマニアだったこともあり、初見時はシンプルデザインのSFガジェットの連発によろこんで、
これはガーンズバック連続体の最新モード(語義矛盾)だとおもったりしました。
つまり、この映画が50年代に作られていたら、トム・クルーズは銀のタイツに身を包み、錠剤の食事をとっていた
と思うのですよ。それをテン年代のセンスでやるとああなるんだ、というのが面白かったりしました。

ただ、SF映画としても、物凄く新味に溢れたネタというわけでもなかったし、前半はひたすら地味だったりして、
そんなに爆発的に面白いという気持ちにはならなかったんですね。
ならなかったんですが、なんとなく胸の中にしっくりこない違和感が残りまして、本日二回目を観るために
劇場まで足を運んで来ました。

結果、号泣。
初回を観たおれはなにを見ていたんだ。これは男泣きに泣かずにいられないよ。
涙の半分は物語の意匠に関してだけれど、半分はこの映画出演を引き受けたトム・クルーズの心意気にだよ!

この映画、主演がトム・クルーズでなければ話がまったく通用しません。
少なくとも、他の男優が主役を演じたなら、ストーリーは同じでも、そも持つ意味の重みがまるで違ったはず。

トム・クルーズですよ。
「トップガン」以降、三十年の長きに渡りハリウッドトップスターの座に君臨しつづける、しかも彼の後続はと
振り返ってみれば、誰も育っていない。唯一無二の存在である大スター。
ご存じの通り、彼はSF映画にも多数出演しています。近年だとスピルバーグと組んだ「宇宙戦争」「マイノリティ
リポート」あたりが記憶に新しいでしょうか。だからこそ、この映画には誰もそれほど警戒していなかったはず。

まさかトム・クルーズの主演そのものが映画最大の仕掛けであり、ボンクラ魂を震わす、後半の泣ける展開への
伏線だとは誰も思っていなかったはずです。

ぶっちゃけて書いてしまうと、この映画に出てくるトム・クルーズはクローンであり、唯一のオリジナルである
トム・クルーズ(本体)はおそらくは失われ、無数に存在するトム・クルーズ(コピー)の一体なのです。
まさにわたしが死んでも代わりはいるもの状態。

前半の「横道世之介」評のところで書きました。わたしは自分の人生は編集により損なわれるのではないか、
自分の人生は他人の目線から見ればカットだらけでほとんど出番のないものになるのではないかという危惧を
抱いていると。

この映画のトム・クルーズ(コピー)が、その恐れに光をさしてくれました。

トム・クルーズ(コピー)が、スカヴの本拠地に乗り込むシーンにあわせて、フライトレコーダーからトム・クルーズ(本体)の声が聞こえてくる、泣けるシーンがあります。

この時にトム・クルーズ(コピー)の顔に浮かぶ、愕然とした表情がとてもいいんです。
フライトレコーダーから聞こえてくる、トム・クルーズ(本体)の声。そのセリフからトム・クルーズ(コピー)は悟る
のです。この世に唯一自分自身のものだと思っていた記憶、人格は、コピーされたものでしかなかった、と。

これがたとえば記憶だけだったら、それほど切ないシーンにならなかったと思うんですよ、ここ。
でも自分のキメセリフとか、アメフトの試合の記憶はじめ、“自分を自分たらしめる”、森の中の隠れ家の中に
散らばるものですら、本体の遠い残響でしかなかった。ただのコピーでしかなかった。

それを知っても、トム・クルーズ(コピー)が「そうだったのか……」なんてセリフを云わないところも素晴らしい。
表情だけで。充分に傷ついた表情だけで、わたしたちは彼の自尊心が損なわれたことを知るのです。

とどめが敵の本拠地の中に浮かぶ、無数の自分のコピーですよ。
ですが、それを見ても、もはやトム・クルーズ(コピー)は動揺すらしません。
黙々と、ただ「行動」のみによって、自分の意志を示してみせるのです。

他人から自分がどう見えるかなんてどうでもいいじゃないか。
自分のやってきたことが本当は価値があるかどうかなんて考えてみてもしょうがないじゃないか。
たとえば自分が「本物」じゃなかったとしても。
ただの無数のコピーの、たったひとつに過ぎなかったとしても。
自分の意志を貫き通すことには意義がある。


……ということばにしてみるとクサイことこの上ないメッセージを、ただ行動によって。
そしてモーガン・フリーマンのドヤ顔によって示してくれたトム・クルーズ(コピー)にわたしは感動しました。
当たり前のことですが、(本物)と(コピー)の演技の使い分けも素晴らしかったですね。(本物)はひたすらに
自信に満ちあふれ、(コピー)は最後の直前までちいさな疑問に苛まれて自分を信じ切れないというね。

本物か、偽物か、なんてどうでもいい。
意志を持ち、行動することには意義があるのです。
わたしはそのことを、この映画から学びました。

ありがとう、トム・クルーズ。
関連記事
スポンサーサイト

<<『GIジョー』『GIジョー バック2リベンジ』 ハヴォック神の恩寵の下 | BLOG TOP | 「わたし」のための物語(前編) 横道世之介の巻。>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。